口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

中学受験の特徴と学習塾の活用法

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/12/18


横浜周辺で中学受験を子どもにさせたいと考えている保護者にとって、子どもの志望校合格に向けてどう動けばいいのか悩みますよね。まず重要なのが中学受験の特徴を知ること、横浜エリアの学習塾の活用方法を理解した上で、各学校の入試対策を行っていくことをおすすめします。今回は中学受験の特徴と学習塾の活用について紹介しましょう。

「中学受験の概要について」理解する

最初に、中学受験を理解することからはじめましょう。まず、どういった子どもたちが中学受験をする傾向があるかご存知ですか。高校受験に比べて、中学受験をする子どもの方が、頭が比較的よく優秀であることが多いようです。早くから受験し、中高一貫校で六年間みっちり勉強し、難関大学に進学するというケースが王道になります。

そのため、勉強に対して高い意欲を持ち、努力できる力を持ったライバルと受験で戦わなくてはなりません。そして、とくに高校からほとんど進学できない中高一貫校では、海外留学や異文化体験などを交流に行っているケースがあります。

中には、海外の学校と姉妹校提携を結び積極的に交換留学を行っているなど、英語を身近に感じられる機会を用意してくれる環境が整っています。そのため、高校受験組よりも中学受験組が英語をできる人が多いといったことから、大学受験でもそのことが優位に働く場面は多くあるのです。

「学習塾の活用方法」を理解する

次に学習塾での学習は「インプット」がメインであることを認識しましょう。学習塾で学んだだけでは、脳に正確にそのことが記憶できている子どもは少ないです。塾では受験に必要な科目ごとの知識や解き方を教えてはくれますが、それは子どもにとって教えてもらったに過ぎず、その問題が自分一人で解ける状態ではない場合があるのです。

そのため、塾から帰宅後に必ず今日塾で学んだことを「復習」する時間を確保することが重要です。その日に覚えたことは、その日に復習しないと次の日には記憶が半減してしまうこともありえます。

「鉄は冷めない内に」ということわざがありますが、まだ脳にその知識がある内に復習を行うことで、定着率が高まり同じような問題に出会した時に答えられるようになるのです。そういった、単純ではありますが毎日の習慣として学習塾での学習に加えて、家での復習が合格への重要なカギを握るのです。学種塾では主に「知識」を教えてもらう場所であることが理解できるでしょう。

志望校合格に向けての対策が必須

最後に、中学受験の概要と学習方法を理解した上で必ず知っておいて欲しいことが「志望校合格」に向けた対策になります。いくら塾での成績がよくても、志望校に落ちた子どもは数多くいます。その子どもたちの共通点は何かわかりますか。それは「志望校対策」を怠っていたケースが高いようです。

同じレベルの学校でも出題範囲が独特なのが中学受験の特徴です。ある学校では毎年出題される問題があるなど、学校の特色が入試問題に顕著に出ている場合があります。そのため、必ず志望校の過去問を最低でも5年分解き、どのような問題が出題される傾向が高いのか過去問を研究する必要があるのです。

手が少し届きそうにもない志望校の過去問を何度も繰り返し解き、見事合格を掴んだケースがあります。秋ごろから志望校合格に向けて、過去問演習を行い自分の苦手な範囲を徹底的になくすことで自信が芽生え、さらに成長できるでしょう。

 

横浜には数多くの中学受験向けの学習塾がありますが、どの塾に子どもを通わせてもいえることが「自学自習」と「過去問対策」です。この二つのことが重要であり、実践できる環境が整っている横浜エリアの塾であれば、子どもを安心して通わせられるでしょう。

小学校受験対策おすすめ塾バナー

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧