口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

授業を欠席した場合に振替授業をしてくれる学習塾はある?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/19

横浜に存在する学習塾の多くは、月謝制になっています。月謝制の場合には、例えば毎週金曜日だけ来る場合4回分の月謝を支払う仕組みです。もしこの時1回でも休んでしまった場合には、月謝は通常通り引き落とされますが、休んだ分だけ授業を受けていないため損をすることになるでしょう。

しかしながら、学習塾には振替制度と呼ばれるものが存在するところが多いです。振替制度とは、欠席をするときに一定の条件を備えることで別の日に授業をおこなうことができる仕組みです。では、横浜市内ではどのような宿で振り替えがおこなわれているでしょうか。また条件をすればどのようなものになるか理解しておきましょう。

基本的に個別指導は別の日に移動できる

学習時間の中でも、横浜市内には個別指導のところが増えてきています。20年ほど前はあまり個別指導のところが多くありませんでしたが、近年は全体の4割位が個別指導となっています。これだけ、個別に対応してほしいと言う要望が高まった時代になってきたと言えるでしょう。

個別指導の場合には、先生1人に対して生徒が2人ないしは1人になります。このような場合、比較的振替をするのは難しくありません。現実的な話になりますが、生徒が2人に対して先生が1人の場合は、なかなか難しいこともあるでしょう。

この場合には、今まで2人の生徒に対して同じことを教えていたけども、1人の生徒が1回休んだせいで授業を同時進行できない可能性があります。塾側がそれを受け入れるか、あるいは休んだ生徒は1回だけマンツーマン指導にするなどの対応が求められます。このように柔軟に対応することで、問題なく授業を別の日に移すことが可能になるでしょう。

集団授業の場合は移動しにくいのが特徴

横浜の学習塾の中には、集団授業が多くあります。全体の6割は集団授業と考えておけば間違いないでしょう。集団授業の特徴は、1人の先生は生徒5人ないしは15人ぐらいを相手に一生に勉強を教えます。分かりやすく言えば、学校の授業の人数が少し減ったパターンと考えておけば良いです。

この場合、1人の生徒が休んだ場合に振替をすることができるか問題になりますが、1人の生徒のために他の生徒の授業をもう一度おこなうわけにはいきません。そのため、振替をすることができないところも少なくないでしょう。ただし、1回分休んだためわからないところを積極的に先生に質問をする機会などが与えられることがあります。これを上手に利用することができれば、特に授業が遅れて困るようなことはありません。

どのような条件で別の日に移動することが可能か

これから振替をする場合でも、無条件にできるわけではありません。例えば子供が遊びに行ってしまって学習塾をサボった場合は、振替をすることはできないことが多いです。なぜなら、塾側もやむを得ないときのサービスとしておこなっていますので、遊びに行く生徒を相手にわざわざ別の日に授業を移す必要もないわけです。

当然学習塾側にも負担がかかりますので、やむを得ない場合のみ別の日に授業を移すことになります。具体的には、風邪をひいた場合や忌引きの場合あるいは部活動の試合いつもの時間に行けない場合などです。

また塾によっては、1月に何回といった形で振り替えが制限されている可能性もあるでしょう。休む生徒は本当に頻繁に休みますので、その生徒に先生が振り回されないための対策ともいえます。例えば1ヵ月に2回だけ振替が可能になるといった感じで決められているわけです。

 

横浜の学習塾では、振替をおこなうことができるところも少なくありません。少人数制や個別学習の所では普通におこなうことができます。ところが集団授業になると、実質的におこなうのが難しくなるでしょう。振替自体は、学習塾側に負担を強いることになりますので、条件が整ってようやくできることが多いです。例えば遊びに行くので別の日にしてくださいと言うことはまずできません。できるとすれば、風邪をひいてしまった場合や部活で試合があり、いつもの曜日に行けない場合あるいは忌引きの場合などです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧