口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

小学校受験における個人の幼児教室のメリット・デメリットとは?

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/08/08

小学校受験における個人の幼児教室

ここでは、小学校受験対策として個人の幼児教室を利用した場合のメリットやデメリット、大手の幼児教室との違いについてまとめています。小学校受験は本人が主体となって準備するものではなく、中学受験ほど専門的なノウハウで固められているわけでもないため、お子さんの特性に合わせ、さまざまなアプローチを検討してみる価値があります。

小学校受験における個人の幼児教室のメリット

個人経営の幼児教室にはどのようなメリットがあるか、代表的な意見を見ていきます。

全体的な費用が抑えられる

学習塾などと同様に、大手の幼児教室では、複数の指導クラスやオプションを選択した結果、トータルの費用がかさんでしまう傾向があります。

しかし、規模が小さな個人の幼児教室であれば、指導オプションが多く用意されていることはまれで、結果として費用を少なく抑えることができるでしょう。

家庭ごとに寄り添った指導

経験豊富なベテラン指導者が、独自の指導法や教育方針を掲げて独立したような個人の教室は、家庭ごとの事情に合わせて寄り添ってくれることもよくあります。

少人数指導が期待できる

個人の幼児教室では、少人数指導制を採用していることが多いため、少人数指導を望んでいる場合は、優先的に検討してみることになります。

環境の変化が少ない

個人の幼児教室では、クラス変更や担当する先生の変更はめったにありません。多くの場合、施設なども小規模なので、落ち着いた環境となるのは子どもの性格次第でプラスになるでしょう。

小学校受験における個人の幼児教室のデメリット

個人の幼児教室を選ぶ前に気をつけておきたいデメリットも多少はあります。以下がその代表的なものです。

指導者の手法や理念によってムラがある

個人の幼児教室によっては、指導法や指導理念のクセが強く、サービス内容にもムラを感じることがあるでしょう。指導法や指導理念に共感できるか、事前にしっかり確認する必要があります。

先生やクラスの変更が難しい

先生やお友達との相性、そのほかさまざまな理由でクラス変更をしたくても、対応してもらえない可能性があります。曜日や時間の変更も限定されるでしょう。

対応できない指導もある

大手教室に比べ、対応できる指導の種類が少ない場合があります。

個人の幼児教室と大手幼児教室の違い

以下では、個人の幼児教室と大手幼児教室で注目しておくべき違いについて、まとめました。

オプション型指導かどうか

大手の幼児教室はさまざまな指導オプションを用意していることが多いですが、個人の幼児教室ではパック型に近い指導形式のところが大半です。

施設環境面

当然ながら、大手の幼児教室のほうが施設や環境面に大きく投資している場合が多いですが、施設や環境の優劣がそのまま指導の優劣につながるわけではありません。

指導者の質とマッチしていなければ、よい設備も無駄になるうえ、安全面の配慮ができているかなど、個人でも大手でも、しっかりと確かめたい項目です。

情報量には差があることも

一般的に、やはり大手幼児教室のほうが豊富な情報メニューも取り揃えており、教室を通して手に入れられる受験情報などには差がつきがちです。

ただし、個人の幼児教室の中には、特定の小学校入試に特化していて、一般には知られにくいオリジナルな情報やノウハウを持つところもあるため、一概に情報力に差があるとは言いきれません。

まとめ

この記事では、小学校受験において個人の幼児教室に通わせる場合のメリットやデメリットを整理して紹介しました。大手の幼児教室と比較して、気を付けておきたい項目もまとめてあります。

小学校受験における幼児教室選びは、子どもが能動的にできるものではないため、各種の情報を保護者がしっかりと把握しておく必要があります。

小学校受験対策おすすめ塾バナー

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧