口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾で使える補助金のような制度はある?

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/23

横浜で子どもを学習塾に通わせる場合、かなりのお金がかかってしまうと考えている人も多いでしょう。確かに塾代は安くはないですし、家計の負担になってしまうこともあるかもしれません。そのような人におすすめなのが補助金のような制度を利用するという方法です。これは塾代の一部を自治体が負担してくれるというものであり、子どもを塾に通わせたいと考えている家庭にはとても助かるものです。

横浜の学習塾を安く利用するなら

受験生チャレンジ支援貸付事業とは、受験に必要な費用を貸付し、子どもの学習意欲を応援する事業です。学習塾の受講料や大学などの受験料を用意するのが難しい世帯に資金の貸付を行っており、学習意欲をサポートしているということです。

具体的には中学3年と高校3年を対象に資金の貸付を無利子で行うというものであり、高校や大学に入学した場合は返却が免除されるという仕組みです。返済が免除されるのはとても助かるものでしょう。学習塾の受講料としては、20万円までが上限となっており、高校や大学受験でもそれぞれ上限となる金額が決まっています。

また、この制度を利用するためには、一定基準以上の収入のある連帯保証人が必要となるため、申請する前に確認しておきましょう。他にも、1人の子どもに対して複数の年度で利用することはできません。しかし、中学3年生の時にこの制度を利用した後、高校3年生で再度申し込むことはできます。

子どもがいる横浜の家庭におすすめ

塾代助成事業とは子どもの勉強する意欲や学力の向上を目的としており、家庭の経済的な負担を軽減するための補助金制度です。私立中学校などに通学している子どもがいる保護者のうち、認定を受けている家庭を対象に1人あたり月額1万円を上限として使えるカードを交付するというものです。このカードはあらかじめ登録された学習塾などで使用できます。

補助金は月額1万円となっていますが、1円単位で使用できるので便利です。しかし、7月と8月分は有効期間が7月~8月までの2ヶ月間となっており、合わせて2万円が上限となっています。

この制度を利用したいという場合、中学生の養育者とその配偶者の所得金額の合計が定められた金額未満である必要があります。横浜の学習塾の代金は教育費の中でも大きな割合を占めるものです。場合によっては家計の負担になることもあるため、少しでも節約して家計の負担を減らすようにしましょう。

学習塾に通いたい子どもをサポートする制度

学校外教育サービス利用助成事業は、子どもの学力や学習意欲の向上を図り、個性や才能を伸ばす機会を提供するための補助金を助成する事業です。具体的には子育て世帯の経済的な負担を軽減するため、私立小学校などに通学している5年生や6年生の児童の保護者を対象に費用を助成しています。市民税の所得割額に応じて毎月1,000円~7,000円が助成されるという仕組みです。

また、横浜の自治体だけでなく、貧困世帯に対して塾で利用できるクーポンを無償で提供しているNPO団体などもあります。ひとり親家庭かつ生活保護世帯のみといった規定はありますが、子どもの学習を支援してくれます。

子どもに学習の機会を与えたいけれど、費用の負担が大きいと感じている家庭に最適です。さらに、最近では経済的な理由で塾に通えない子どものため、ボランティア講師が無償で学習支援を行うという塾も増えてきています。横浜にはどのような塾代のサポートがあるのかいろいろ調べてみるとよいでしょう。

 

横浜で子どもを学習塾に通わせたいと考えている人は多いでしょう。学習塾を利用する時には塾代など経済的な負担がかかります。ある程度お金がかかってしまうのは仕方ないのですが、補助金のような制度を利用すれば余裕がない場合でも子どもを学習させることができるのです。金融機関の教育ローンを利用するよりもお得ですし、さまざまな制度を比較してみるとよいかもしれません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧