口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【小学校受験から大学受験対策にまで対応】

子供が学習塾で勉強したがらない場合はどうしたらいい?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/05/27

勉強をさせるために子供を学習塾に通わせたのに、肝心の子供が勉強をしたがらないというケースもよくあります。

このような場合には、子供がなぜ勉強をしたがらないのかを理解して、柔軟に対応してあげることが必要になります。

 

子供の学力に合ったほかの塾を選ぶ

神奈川県には子供を対象にした多くの学習塾が存在しますが、塾に通わせたからといって子供が喜んで勉強してくれるとは限らない場合もあります。せっかくお金を払って塾に通わせているのに、子供が勉強をしてくれないのでは、塾に通わせていることの意味がなくなります。

学習塾に通わせている子供に勉強をさせるためには、子供がなぜ勉強をしたがらないかを理解することが重要です。塾で勉強しない子供にはさまざまなタイプがありますが、特に多いのが勉強が理解できないから学習したがらないタイプの子供です。

こうした子供をそのまま塾に通わせ続けても学力の向上はあまりできないために、何らかの対応が早急に必要になります。勉強が理解できない子供に勉強をしてもらうための一つの方法としては、別の塾にかえるという方法もあります。

子供が塾で勉強しないのは、子供の学力と塾で教えていることがつり合っていないという場合もあるので、子供の学力に合った最適な塾を選ぶ必要があります。塾によっては勉強をするのがもともと好きでないことを対象にして教えているようなところもあるために、子供にとってより良い環境で勉強をすることができます。

 

現在の環境と違う環境で勉強させる

学習塾で勉強しない子供の典型的なケースとしては、友達も勉強をしないから一緒になって勉強をしないという場合があります。

子供にとって友達は大切なものですから、同じ塾に通っている仲の良い友達が勉強に熱心でないと、子供も一緒になって勉強をしなくなることがあります。

授業中も勉強より友達と話をすることのほうに熱心になり、このような環境ではせっかく塾に通わせているのに、子供の学力の向上は望めません。こうした理由によって子供が勉強したがらない場合にも、他の塾を探すことは効果が期待できます。

現在通っている塾にいる勉強をしたがらない子供と離れた環境を見つけることで、子供が真剣に勉強に取り組んでくれるようになる場合も多いです。子供は周囲の環境によって大きく左右されるので、まじめに勉強をしている子供が多くいる学習塾に通わせれば、友達に影響されて自分から勉強を積極的に始めるケースもよくあるからです。

子供にとって友達が与える影響力は非常に重要です。

 

子供に具体的な目標を持たせて勉強させる

学習塾で勉強をしたがらない子供の中には、勉強をすることに目的を見出せないので勉強に熱心でないタイプの子供もあります。ただ知識を覚えたり計算をすることは子供にとっても苦痛な作業にすぎないので、勉強したがらないというケースです。

このようなタイプの子供に勉強をさせるうえで大切なのは、具体的な目標を子供に持たせてやることです。ただ単に知識を覚えるのではなくて、将来の目標に向かって勉強をすることで、子供の自発的な学習意欲を高めることができます。

特定の学校に入学したいという目標や、将来特定の仕事につきたいという具体的な目標を持つことは、子供の学習意欲を大きく向上させるのに役立ちます。こうした意欲を持たせるためには通わせる塾を選ぶことも非常に重要です。

子供の教育に熱心な塾ならば、勉強を教えるだけでなく、子供の将来についての相談にも真剣にのってくれます。

 

学習塾に通わせている子供が勉強をしない場合でも、それを頭ごなしに叱りつけて無理に勉強をさせようとした場合、子供が余計に勉強をしないことがあります。子供が勉強をしたがらない場合でも、すぐに感情的にならないで、どうして子供が勉強をしたがらないかを理解して、そこから対応策を見つける必要があります。

勉強がわからなかったり、友達の影響だったりする場合もあるので、子供に合わせた柔軟性のある対応が必要になります。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧