口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾で「教育ママ」と思われやすいのはどんな言動?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/23

お子様の将来を真剣に考えるからこそ、お子様が通っている学習塾についてさまざまなことが気になるかもしれませんが、行き過ぎた言動は「教育ママ」と思われて講師などから敬遠される可能性があります。横浜の学習塾を利用している人の中にも教育ママになっている人は少なくないので、どのような言動が該当するのかチェックしておきましょう。

講師の指導方法や学習塾の方針にダメ出しをする

横浜の学習塾を利用していても、ときには思ったようにお子様の成績が伸びないこともあります。そのようなときに、学習塾に足を運んで講師の指導方法や学習塾の方針にダメ出しを行うような保護者は、教育ママとして認定されやすいです。

横浜の優れた学習塾を利用していたとしても、必ずしも成績が上がるわけではないですし、たまたま試験を行ったときにお子様の調子が悪かっただけの場合もあります。そのような事情を考慮せずに一方的に講師や学習塾に対して不満を伝えたり、指導に対する改善を求めたりするようであれば、悪い意味で教育ママだと思われてしまってもおかしくないです。

課題が多くて部活動や課外活動に支障が出る、試験に対策していない問題が出たなどとクレームを入れる場合も、教育ママだと思われやすいといえます。もちろん、きちんとした指導が行われていない場合は問題ですが、きちんと指導が行われている上でダメ出しを行うようなことはやめておきましょう。

学習塾でのお子様の交友関係を制限する

勉強するために通うわけですが、横浜の学習塾に通っているとお子様にも自然と友達ができる可能性があります。同じ場所で勉強する仲間ですから、仲が深まるのは自然なことだといえるでしょう。しかし、勉強に支障が出るかもしれない、別の学校の素性がわからない子どもと仲よくしてほしくないなどの考えからお子様の交友関係を制限してしまう保護者もいます。

明らかに危険な遊びなどに誘ってくるような相手であれば問題ですが、そうでないのにクラスを替えるように相談したり、友達やその保護者に話しかけないように注意したりするようであれば行き過ぎた教育ママだと思われてしまう可能性が高いです。

大切なお子様なので交友関係が心配になることもあるはずですが、自分が把握していない友達をすべて認めないという保護者を行き過ぎた教育ママだと認定する人は多いので、このような言動をしないように注意しておくべきだといえるでしょう。

他の保護者に自慢話ばかりしている

お子様が学習塾を利用するとき、自宅から距離があったり帰りが遅くなったりするようであれば送り迎えをすることもあるはずです。送り迎えの際に他の保護者と雑談を行う人も少なくありませんが、この際に自分の子どもの自慢話ばかりしているようであれば教育ママだと思われるでしょう。

お子様の模試の順位が高かったり、成績が伸びていたりすると嬉しくなってしまうものですが、それを赤の他人に自慢するべきではありません。学習面において自慢話が多いと、子どもを成績のみで評価している教育ママだと周りの人から認定される可能性が高くなります。

他の保護者に自慢話ばかりする教育ママだと思われてしまうと、保護者から情報が伝わってしまってお子様の交友関係が崩れてしまう可能性もあるので注意が必要です。送り迎えの際に雑談することがあったとしても、過度に自分の子どもの自慢話をすることは控えるようにしたほうがよいといえます。

 

学習塾を利用するときに講師や塾へのクレームが多い、子どもの交友関係を制限しているような保護者は教育ママだと思われやすいです。それ以外にも、保護者同士の会話でも教育ママだと認定される可能性があります。このように認識されてしまうと、お子様まで他の人から敬遠されてしまう可能性があるので、行き過ぎた言動を行わないように注意しておくことが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧