口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾にはアルバイト講師はどのくらいいる?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/13

これから横浜市内の学習塾に通いたい場合、どのような先生に担当してもらいたいか希望がある人もいるでしょう。比較的若い先生が良ければ、アルバイトを多く採用しているところが良いでしょう。基本的にバイトの場合には大学生から大学院生までの人たちつまり18歳から25歳位までの先生が多い傾向にあります。

また一方で、アルバイトをほとんどとっていないようなところもあるでしょう。この場合には、年配の女の先生は男の先生などが担当することになり、そのようなところを好む生徒もいます。では、学習塾にはアルバイト講師はどれぐらいいるでしょうか。なかなか表には出てきにくい内容ですが、その実態を見ていきます。

個人で経営している塾の場合はどうか

横浜の学習塾の中にも、個人経営のところもいくつかあります。個人経営のところは、積極的に宣伝をしていないことが多く、テレビコマーシャルや新聞の広告などに出てくることはほとんどありません。どちらかと言えば、地元密着型として長年やっているところが多く、口コミなどから生徒を集めている傾向にあります。

そのようなところに入る場合には、ほぼ学生バイトはいないと言って良いでしょう。個人でおこなっているところは、男の先生1人だけでおこなっているかあるいは女の先生1人だけでおこなっているところがあります。あるいは夫婦ともに先生をおこなっており、2人しか先生がいないところも少なくないわけです。

まず学生バイトはいないと言って良いでしょう。ただごくまれに、1人だけ学生をバイトとして雇っているようなところもありますので、必ずバイトがいないとは言い切れない部分もあります。

フランチャイズ経営の場合はどうか

最近は学習塾の中にフランチャイズ系のところが増えてきています。テレビコマーシャルをしているようなところや、新聞でコマーシャルをしているようなところはかなり資金力がありますが、フランチャイズの可能性が高くなります。フランチャイズ系のところはオーナーが1人おり、後はアルバイトで雇われている先生がほとんどです。

基本的にアルバイトの先生でなければ、経営していくのが難しいと判断できます。なぜなら全員社員にしてしまうと人件費だけでかなり膨れ上がってしまい赤字になる可能性が高いわけです。通常どこの学習塾も、通常授業だけだと赤字になるとされています。

それにもかかわらず何とか黒字でやっていけるのは夏期講習や冬期講習がおこなわれるからです。この期間に黒字に転換することができるのであり、普段の授業だけでは赤字になってしまうわけです。

これはバイトを雇った場合を想定した考え方です。もし社員を雇ってしまうと保険等の問題が関係してくるため、夏期講習や冬期講習をおこなったとしても赤字を黒字に転換していくのは難しいでしょう。そのような意味においては、ほぼ全員アルバイトになるのも仕方がないといえます。

直営店の場合はどのようになっているか

フランチャイズではないものの、直営型の学習塾も横浜に少なくありません。これは、1人のオーナーが学習塾を始め、同じ系列の宿がいくつも増えていくと直営型の学習塾になり得るわけです。このように、フランチャイズとは少し様子が異なるもののやはり人件費に関してはシビアな部分があります。

つまり社員を雇うほど余裕がないところが多いため、個別指導の場合はほぼアルバイトの先生がおこなっていると言えるでしょう。

ただ教室長だけは社員の可能性があります。集団授業の場合は、1つの教室に社員が2人おりそれ以外の先生はアルバイトの可能性も否定できません。

 

横浜の学習塾には、アルバイトの先生がどの程度いるか問題になりますが、フランチャイズの場合はほぼバイトの先生で占められていると言って良いです。個人経営に関しては、ほぼ経営者のみがおこなっておりバイトが出てくることはあまりありません。直営店の場合、教室長等は社員の可能性がありますがそれ以外は学生バイトがおこなっている可能性が高いです。ある程度大きな直営店の場合、社員が2人ぐらいおり、残りの講師がアルバイトの可能性があります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧