口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾の集団授業はどのくらいの人数でやるの?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/19

横浜の学習塾に通うと考えている場合には、個別指導塾と集団授業塾があることをまず理解しておくことが必要になります。それを理解した上で、集団授業塾に通いたい場合には、1クラスどれぐらいの生徒数になるかを知っておくと良いでしょう。

集団授業と言われているからには、学校の教室程度の規模でおこなうのか、それともそれよりも少ない規模でおこなうのか疑問に感じる人もいるはずです。特に初めて塾に通う場合には、さっぱりイメージすることができないでしょう。そこで一般的にどれぐらいの規模で授業をおこなっているのかを見ていきます。これを知ることで、どのような学習スタイルになっているか質問しやすいかなども理解することが可能になります。

多いところは20人ぐらいでおこなっている

横浜の塾の中でも、比較的規模が大きなところは1クラス20人ぐらいの規模になっていることが多いです。ただ、一般的な学校の規模よりも多くなることはまず考えにくいでしょう。そもそも学校の授業などでついていけない生徒もいますので、学校と同じ人数を1人の先生が見るとなれば、学校に通っているのと大して変わりがなくなります。

そこで、可能な限り少ない規模でクラスの編成するように工夫しているのが、現在の塾のスタイルと言えるでしょう。しかも時代とともに、個別化が進んでいく中で20人以上を1人の先生が見るのはあまり現実的でないといえます。ベビーブームや第二次ベビーブーム位に子供の数がいる時代ならばともかく、今のような少子化の時代で多くの生徒を1人の先生が見るスタイルは、避けられる可能性が高いです。

10人から15人前後のところが多い

学習塾側の立場とすればひとクラスの生徒数は、利益の観点と生徒の理解度つまり成績アップの観点の2つから割り出さなければいけません。学習塾の立場からすれば、まず利益の確保はとても重要になります。利益の確保等は、先生1人に対してどれだけの生徒を任せるかといった点が重要になってくるでしょう。

当然ながら先生1人に対してたくさんの生徒を任せることができれば、多くの利益を出すことは十分可能です。しかし前述の通り現在は個別化の方向に進んでいるため、あまりたくさんの生徒を1人の先生が見ることに対して嫌悪感を示す保護者が多いわけです。

ですがあまり少人数にこだわってしまうと赤字になる可能性が高くなるでしょう。そこで一般的に妥当な規模とされているのは先生1人に対して生徒が10人から15人ぐらいになります。通常の学校の生徒の半分かそれ以下の人数ならば、一人ひとりの理解度を図ることも可能になります。ただし、先生によって生徒のことをどれだけ見ることができているかことがあるでしょう。

集団授業の最小人数はどれくらいか

最近の学習塾では、集団授業と少人数制の授業の線引きが曖昧になってきている部分があります。もともと集団授業が主流の学習塾ばかりでしたが、少子化の影響によりその中間である少人数制の学習塾ができてきました。少人数制の学習塾は先生1人に対して生徒が6人未満になっています。

そして集団授業の学習塾も、少人数制とかぶらないような事業展開をしているところも増えてきています。先生1人に対して生徒が5人から10人未満のところも増えてきており、それぐらいの数になると少人数制との微妙な線引きができるかどうかといったところでしょう。

学習塾によっては、十分な生徒が集まらず先生1人に対して生徒が5人未満の集団授業をしているところもあります。そのように考えると、授業料の安い集団授業で授業を受けたほうがお得に感じるかもしれません。

 

学習塾の教室の生徒数は、多いところでも20人前後になっています。少なくとも学校の授業の生徒数よりも規模が小さいところが圧倒的に多いと考えてよいでしょう。最近は、少子化の影響により、個別に流れる生徒も増えてきました。

そこで単にたくさんの人数で授業をおこなうよりも、ある程度小さい規模に分けて授業をおこなったほうが良いと考えている塾も多いです。このとき重要になるのが、利益を確保することと生徒が本当に理解できる人数で授業がおこなわれているかです。そうすると、必然的に1クラス10人から15人ぐらいが妥当になるわけです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧