口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【小学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾で英語を学ぶ利点とは?

神奈川県の学習塾を選ぶ場合、中学生の場合は5科目の中から好きな科目を選択することが多いです。

多くの生徒は、数学と英語を積極的に選択する傾向があります。

ただこの中でも、英語を学ぶ利点がわからないと感じる人もいるでしょう。

ではいったいどのような利点があるのかを見ていきます。

 

受験を控えている場合には必ず必要な科目

学習塾で英語の勉強する場合には、会話の部分は大きく省きます。

そもそもそれを教えてくれる講師のほとんどは、ネイティブではありませんので正しい発音で会話をするのが難しいです。

そのため、英語を学ぶ意味がないように感じる人もいるかもしれません。

塾で英語を学ぶメリットは、なんといっても学校のテストでよい点数を取るためにあるといってもよいです。

高校受験をすることを考えると、少なくとも英語の科目は必ず必要になってきます。

その知識がない状態で受験に臨むよりも、しっかりと学習塾で勉強してから望んだ方がはるかに合格には有利になります。

たいていの都道府県の入試問題でいえば、長文読解がウエイトを占めますが、長文読解は一朝一夕に学べるものではありません。

それこそ3カ月から半年長文を読む練習をして初めて問題の意味がわかりかけるようになるでしょう。

私立高校を受験する場合でも、公立高校と同じように長文読解がないところはほとんどないといっても過言ではありません。

もし、読解の仕方がわからなければ多くの得点を落とすことになりかねないわけです。

もちろん、学習塾としても読解ばかりをおこなっているわけではありませんが、基礎になる単語のチェックや文法の学習なども徹底しておこなっていますので直接的に自分の進路に関係するといっても過言ではありません。

 

リスニングなども学ぶことができる

英会話を学習塾で学ぶのは難しいですが、リスニングなどはたくさんの資料を持っている学習塾も多く、かなりさかのぼったところから学ぶことができます。

リスニング能力は、どれだけ多くの英語を聞いたかによって変わってくるといっても過言ではないでしょう。

ところが、外国などに行ったことがない人は、学校の授業でCDを流す場面ぐらいしか英会話を耳にすることはありません。

しかし、学習塾では過去の入試問題や、実際に出題されたタリスニング問題などの資料をたくさん持っているわけです。

そうすると、かなり昔からさかのぼってリスニングの勉強をすることができるため耳が慣れやすいといってもよいでしょう。

 

小学生はどこまで学ぶ必要があるか

本格的に英語を学ぶのは、中学生になってからです。

現在の日本教育でも、小学校三年生ないしは四年生のうちから英会話を取り入れており、最近は小学校一年生でもAETと呼ばれる先生が在籍しています。

そこで、会話の基礎的な部分を学ぶことができます

つまり、小学校の段階でも英会話を学ぶ意味はあるといえるでしょう。

ただ、2019年の段階では少なくとも小学校の英語の授業の中で文法や単語の練習をすることはまずありません。

どちらかといえば、語学を楽しむことからスタートすることになります。

例えば単語あてゲームをおこなうことで、より身近なものとして楽しんでいく流れができあがっているわけです。

学習塾の場合も、これと同じような流れになりますので、小学校のうちから本格的に単語や文法を学ぶよりも、まずは基礎の部分を身につけて楽しんでもらうという意味において利点があります。

 

神奈川県の学習塾で英語を学ぶメリットは、中学生の場合は入試に役立つ点です。

入試の場合は、必ずといっていいほどリスニング問題や長文読解問題が出てきますので、それに対応できるような特訓を普段からしておかなければなりません。

それさえできていれば、入試に合格しやすい能力が身につくといってよいです。

一方で小学生の場合は、英会話やゲームを簡単にする程度ですので、学習塾の方でも学校に合わせてゲームを取り入れた勉強していくのが基本です。

これにより、より楽しく学ぶことが可能になります。

サイト内検索
横浜学習塾ランキング!
第1位 国大Qゼミ
第2位 臨海セミナー
第3位 中萬学院
第5位 聡明舎
記事一覧