口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾の授業を休んだら振替受講はできる?

公開日:2022/09/01  最終更新日:2022/08/31

授業

子どもの学習をサポートする学習塾。横浜にはさまざまなタイプの学習塾が存在しますが、子どもが体調不良のときや急な予定が入ってしまい、授業を欠席したい場合、振替受講ができるのか心配な保護者の方は多いでしょう。そこで今回は、学習塾の振替制度や、学習塾を選ぶ際に気をつけたいポイントを紹介します。

振替授業ができる学習塾のほうが多数派?

塾の振替制度とは、欠席したコマを別日に振り替えられるサービスのことです。最近では、横浜のほとんどの個別指導塾や集団指導塾が振替制度を設けています。しかし、個別指導塾と集団指導塾で、振替受講が可能な条件が異なる場合が多いです。

個別指導塾では、生徒と講師のスケジュールを調整したうえで振替授業日を決めることが一般的です。一方で、集団指導塾の場合は、科目やレベルによって振替日程が決まっていることが多いです。振替授業に出席する場合は、子どもの学習ペースを考慮したうえで、振替授業に出席するかどうかを判断するとよいでしょう。

このように、個別指導塾でも集団指導塾でも振替受講が可能なことが多いですが、個別指導塾の方が振替受講の融通が効く場合があります。しかし、振替授業を負担と感じている塾経営者もいるため、振替受講の規約をホームページなどで事前に確認しておきましょう。

振替制度の有無で塾選びをするのはやめたほうがよい

振替制度の有無で塾を選ぶことには注意が必要です。部活動などで忙しい生徒にとっては、振替制度があれば安心して学習塾に通うことができるでしょう。しかし、振替受講が多いと子どもの学習意欲が低下して、成績に影響を与えてしまうリスクもあります。

また、自由に塾を欠席できてしまうと、休み癖がついて甘えが生じてしまう可能性もあります。振替制度のある塾のみを候補として選ぶのは、避けたほうがよいでしょう。

塾を選ぶ際に大事にしたいこと

塾の選び方は、保護者だけでなく子どもも意識することが肝心です。ここでは、塾を選ぶ際に大事にするべきことを3つ紹介します。

学習塾へ行く目的を明確にする

なぜ塾へ通うのかを子どもと明確にしたうえで塾を選びましょう。個人指導塾や集団指導塾、オンライン指導塾など、横浜にはさまざまなジャンルの学習塾があります。

また、カリキュラムや雰囲気は学習塾によって異なります。学校の授業についていけない子の場合は、復習を重点的に行うタイプの学習塾が向いていますし、受験対策に力を入れたい子の場合は、合格実績のある学習塾がよいでしょう。塾へ通う目的を明確にしておくことで、子どもに合った学習塾を選びやすくなるでしょう。

講師と子どもの相性を見極める

講師の質の高さは、塾選びに必要な要素です。生徒の成績を伸ばせることはもちろんのこと、生徒の気持ちや学習のペースに寄り添える講師かどうか確認しましょう。

講師の教え方のスキルが高くても、子どもの学習意欲が低下するようであれば、子どもが塾を欠席したいと感じてしまうかもしれません。まずは体験授業などを通して、講師の雰囲気や子どもとの相性を確認してみるのがよいでしょう。

授業以外のサポートの充実度を確認する

自習室の利用時間や保護者面談の頻度、授業外の質問対応など、授業のカリキュラム外のサポート制度が充実しているか事前に確認しておきましょう。塾講師からの専門的なアドバイスや塾の利用しやすさは、勉強の質を向上させるためには欠かせません。学習塾を選ぶ際は、多様なサポート制度があるかどうかを比較検討してみてください。

まとめ

今回は、学習塾の振替受講制度や、塾を選ぶ際の注意点をいくつか紹介しました。横浜には数多くの学習塾が存在しますが、振替制度を設けていることがほとんどです。個別指導塾や集団指導塾など、学習塾のタイプによって振替受講の規約は異なるので、ホームページなどで前もって調べてみてください。振替制度は勉強と塾を両立させるうえで安心の制度ですが、塾の欠席が習慣化してしまう可能性もあるでしょう。まずは、学習ペースや塾へ通う目的などを子どもとしっかりと話し合うことが大切です。ぜひ、この記事を参考に子どもに合った学習塾を見つけてみてくださいね。

小学校受験対策おすすめ塾バナー

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧