口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾の入会の手続きと流れ

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/12/18


子どもの成績を伸ばすためには、自力で学習をするよりも横浜の学習塾に入会させた方がよいことも多いでしょう。基本的に自力で学習をするよりも、先生から直接教わった方がさまざまな気づきがあるからです。では実際に入会するとなった場合どのような手続きや流れになっているでしょうか。事前にそれらを知っておくことで、スムーズに入会できます。

最初にチラシやホームページで確認しよう

横浜の学習塾といってもさまざまな種類があり、個別指導と集団授業のところがあるため、子どもがどちらに向いているかを判断する必要があります。たとえば集団授業に行く生徒の場合は、友達と切磋琢磨し競争しあえる関係になることにより成績を伸ばすことができるようです。

また授業料が安いのも集団授業の特徴といえるでしょう。これに対して個別授業の特徴は、マンツーマンや先生1人に対して生徒2人など、かなり限定的に授業ができることです。じっくり教えてもらいたい場合や自分のペースで勉強したい場合には、個別指導の学習塾を選ぶのがよいかもしれません。

マンツーマンの授業形態の場合には、料金が集団授業の2倍位になるケースもあります。もし、どのような学習塾を選んだらよいかわかった場合には、体験学習をする流れになります。体験学習は絶対しなければならないわけではありませんが、可能な限りしておいた方がよいです。

体験学習のおおよその流れを理解する

体験学習は最近の学習塾では行っているところが圧倒的に多いです。「体験」という考え方は昔からなかったわけではありませんが、学習塾の体験学習は過去にはあまりありませんでした。デパートで試食コーナーなどがありますが、それと同じようなものと考えてよいでしょう。

ただ、無料で行える場合もありますが、有料のところもあることを知っておくとよいかもしれません。お金を払う横浜の学習塾の体験学習は、通常授業と同じ料金を取ることもありますが、中には半額程度で行えることもあります。無料の所と有料の所の違いは、ほとんどないと考えてよいでしょう。それぞれ価値観の違いがあるだけと考えておけばよいです。

つまり無料のところは、誰に対しても広く門戸を開放するという意味で無料にしているだけです。とくに学習塾は、外から見ると閉鎖的でなかなか体験学習といえども入りにくい傾向があります。そこで無料にすることで、多くの塾生を集めることができる仕組みになります。これに対して有料のところは、授業に価値があるためお金をとっているだけです。

入塾を決定した場合の手続きとは

横浜の学習塾で体験学習を受けてみて、この学習塾ならば安心して通うことができると感じた場合や、先生の授業は面白いので通いたいと考えた場合には、入塾の意思表示する必要があります。意思表示をした後は、手続きをする流れになります。手続き自体は、それほど時間がかかるわけではありません。

まず、通常は保護者が行うため、生徒の帰宅に合わせなくても問題ありません。大抵の場合どこの学習塾でも、授業を行うのは平日ならば午後4時以降になります。授業が始まる前に手続きを行うケースが多いため、午後3時位までに行うことになるでしょう。

その間の都合のよい時間を選び、書類等を記入していきます。書類に記入することは生徒の基本的な情報です。もう一つ重要なのは銀行の口座番号を記入することです。銀行の口座番号を記入する場合には、ハンコを必要とします。ちなみに手続きにかかる時間は若干学習塾によって変わるものの、10~20分程度です。

 

横浜の学習塾に入会するには一般的に体験学習からスタートします。体験学習をした後、塾に入りたいと決心した場合には、手続きを行う流れです。手続きは10分程度で終わるケースが多く、書類の記入や銀行口座の記入等が必要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧