口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾の面談ではどのようなことを聞かれる?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/21

横浜の学習塾に入会した場合、年に2回から3回の面談があります。大抵は、講習会の前に面談をおこなうのが基本になります。では、実際に通う場合には聞かれるでしょうか。事前に聞かれる前に把握しておけば、答えやすくなりますので心配してもなくなるでしょう。

家庭での様子を聞いてくることが多い

学習塾の面談で保護者が聞かれることの1つは、家庭での様子になります。これを聞いてくるのはそれなりの理由があります。

そのうちの1つが、学習塾と家庭では子供の態度が違う可能性があるからです。よくある話ですが、家では親の言うことを聞かないのに学習塾での先生の言うことをよく聞く生徒がいます。そのため、保護者としては可能な限り学習塾に預けたいと考えるわけです。

逆に、家での態度を知らない先生は、家庭ではどのように親と接しているかそして勉強に対する姿勢はどのようになっているのかを聞きたいと考えるのです。当然これは、親も先生にも質問して良い内容と言えるでしょう。質問する場合の例は、子供は塾でどのような態度でやっていますかと聞いてみるのも良いです。

親が講師から家での態度を聞かれた場合にどのように答えるかと言えば、まず親の言うことを聞いているかどうかです。大抵の場合中学生ぐらいになれば、親の言うことをきかなくなる子供が多いです。早ければ、小学校低学年位で親の言うことを聞かないことが多いでしょう。

そして、先生が1番知りたいのは勉強についてでしょう。もし、親に対して反抗的な態度を取るようならば、学習塾の先生のほうで子供に会ったとき勉強する目的などを教えれば、案外と素直に聞いてくれる可能性があります。

学習塾に対してどのような要望があるか

学習塾の先生は、親とのコミュニケーションを取ると言う意味において子供の要望や親の要望などを聞いてきます。特に、親は学習塾に対してどのような要望を持っているかを改めて聞くわけです。

大抵の場合、入会した時点で親の要望を聞くことが多いですが、半年から1年経過すると親の要望が変わっている可能性があります。この場合、講師としては昔の要望を聞いて仕事がんばってもあまり意味がないでしょう。それよりも、定期的におこなう面談で親の要望を聞いたほうが良いと講師も考えるわけです。

この場合はどのように答えたら良いかと言えば、特にない場合は特にないとはっきり言うべきです。逆に、ある場合は明確に告げることが必要です。講師としては、クレームをあまり受けたくありませんが、クレームを言ってくるほうがある意味ありがたいと感じている部分もあるようです。その際にはクレームというよりは要望という形で伝えてみましょう。

後は、どのようにしたら子供が勉強するかなどの質問をしてみてもよいでしょう。このように、何か要望を述べたほうが親も子供の勉強に対して熱心に考えていると感じられます。何も質問しないのは良いですが、何か要望に対して答えたほうが良いこともあるのです。

志望校があれば証拠などを聞いてくることがある

中学受験や高校受験をしたいと言う子供が、先生に対して志望校を述べることがあります。ですが、もしかしたら子供の希望している学校と親が希望している学校は違っている可能性も否定できません。もし、ある程度頭の中で固まっている場合はまだ偏差値が取れていなくても述べておくとよいでしょう。

 

横浜にある学習塾の面談では、学習塾の講師が保護者に対していくつか質問をしてくることがあります。その内容の1つは、子供は家でどのように過ごしているかと言うものです。

この中に、ありのままの状態を伝えるのが良いでしょう。これに対して、子供が反抗的で困っている場合にはその旨先生に伝えておくと良いです。先生から子供に伝えたほうが子供がよく言うことを聞く可能性が高いからです。

それ以外では、志望校をどこにするか聞かれることもあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧