口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾で先取り学習の指導はしてくれる?

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/17

学習塾に通うことを考えるきっかけとして、学校の授業についていけなくなったときがあります。先生の説明が理解できなかったところを学習塾で復習することで、わかるようになることもありますが、逆に、塾で単元を予習することで、学校の授業が理解しやすくなることもあります。ではどちらの方がより成績アップにつながるのでしょうか。

復習型は勉強が得意な人向けです

学習塾には受験に向けた進学塾と、学校の定期テスト対策をしてくれる補習塾に分かれます。横浜にはどちらもありますが、補習塾ですと学校の進度に合わせての授業になります。勉強の仕方として学校の授業が終わってからその単元をもう一度学ぶ復習と、学校の授業を先取りして学習塾で学んでおく予習があります。

どちらが優れているとかではなく、生徒個人の特性によって選ぶわけですが、一般的には勉強が得意な人は復習型のほうが成績アップにつながります。その単元で学ぶことを学校の授業ですでに理解している生徒は、もう一度繰り返すことで理解が深まり、より記憶に定着するからです。

基本的な説明を塾で受ける必要もないため、問題演習に集中でき、より実践的な問題に取り組むこともできます。暗記の得意な人も不得意な人もいますが、何度もやることで必ず覚えられますし、復習するとは繰り返すことですから成績も上がっていくわけです。

予習型で学校の授業を先取り学習

まだ学校で授業を受けていない単元を先に学ぶことに不安があるかもしれませんが、塾で一度理解してから学校の授業を受けることで、先生の説明がよりわかりやすくなることが予習のメリットです。塾の講師は教えることのプロですから、より理解できるように説明してくれますし、横浜にもそれに適した塾がいくつかあります。

受験を意識した横浜の進学塾でしたら、学校の進度よりも予習で早く進むことでライバルに差をつけることもできます。予習型と先取り学習は微妙に違います。勉強が苦手な人こそ塾で予習をして、学校の授業で復習することで知識が定着していきます。

受験を意識した生徒でしたら、先取り学習で学ぶ単元を早めに終わらせて、過去問題などのより実践的な問題演習に取り組むことができます。講師によって説明の仕方が違いますから、学校の説明が合わないと感じている人こそ、塾の予習でわかりやすく説明してもらいましょう。

合格には横浜の進学塾で過去問演習

どの学校を受けるときでも過去問題を利用することは必須で、できるだけ多くの過去問題を解いたならば予想問題集はいらないともいえます。その学校で毎年のように出題されている問題は、過去問題を研究することで浮かび上がってきます。

生徒一人一人が出題内容を研究してもいいですが、時間もかなりかかりますので専門の進学塾に蓄積されているデータを活用しましょう。過去問題を解くこともそのデータを吸収することも受験に向けた先取り学習だといえますし、合格への最短コースでもあります。

とくに首都圏の難関校を受験する時には、出題データを的確に把握して無駄のない学習が必要になってきます。解答スピードが求められる数学は、問題を読んだ瞬間に解答方法がひらめくくらいまで演習しておく必要もあります。1問でも多く正解するためにはライバルよりも計算能力を上げることも重要ですし、さらに精度を高めることも大切です。

 

学習塾には長年培ってきたノウハウがあります。学校の先生は生活態度や部活動にも時間を取られますので毎日忙しいはずですが、受験のプロである進学塾は合格に向けたカリキュラムに多くの時間を割くことができます。必要な単元をできるだけ早めに先取り学習で終わらせることで、本格的な受験勉強に専念できるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧