口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

高校受験の特徴と学習塾の活用法

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/12/14

横浜の高校受験を意識し、勉強する場合にはどんな方法が効果的か悩んでいる人は多いものです。では、そもそも横浜を含む神奈川県の高校受験の特徴はどのようなものなのでしょうか。また、勉強方法としてどんな手段があるのでしょうか。さらに学習塾を上手に利用する方法についても解説します。

知っておきたい高校受験の仕組み

横浜には比較的多くの公立高校があり、特色や学力に合わせて選ぶことができるので、公立高校を受験する人が多くいます。そのため、横浜在住の方が神奈川県内の公立高校を受験する場合は、神奈川県独自の受験の仕組みを理解しておく必要があります。

端的にいうと、神奈川県の高校受験では内申点・学力・面接が選考の項目として採用され、どれも重視されるのが特徴です。入試は毎年2月に行われる1回のみですが、合否の判定は一次選考と二次選考の2回に分けて行われます。9割の合格者を決める一次選考では、内申書・入試・面接、さらには学校ごとに任意で行われる特色検査が合否判定で使用されます。それらの学力面では日頃の勉強の積み重ねが大切になります。

あとの1割を決める二次選考では内申書を使いません。つまり、より学力の比重が増すということになるので、最後の最後には入試のできが重視されるといえます。このような特徴をよく知って、勉強方法を工夫する必要があるといえます。

高校受験の勉強方法としてどんな手段があるか

神奈川県の高校受験には特色があり、入試だけでなく学校内で定期的に行われるテストなどの比重が高くなります。また、不定期で行われる小テストなども重視する場合があるため、日頃からの勉強の積み重ねが大切になります。

しかし中学校では勉強以外に、部活など中学生ならではのやりがいある活動も楽しみたいという方も多く、生徒会の活動を行うことで主体的に学校生活を送る楽しさも経験したい方もいることでしょう。そのため、忙しい中学生活で効果的に勉強するために個人的に勉強するだけでなく、さまざまな外部の学習手段を使っている人が多いようです。

その中でもまず挙げられるのが学習塾です。今では大手の有名な学習塾も出てきており、地域密着の小規模な学習塾もあります。そして、大規模なコマーシャルなどで注目を浴びている家庭教師を利用するケースも増えています。それに加えて、通信教育の教材や学習アプリなどを活用して効果的に勉強している人もいます

効果的な勉強のために学習塾を上手に活用する

高校受験のために勉強する方法として比較的大きな成果を出しているのが学習塾で、志望校に受かるために通っている人は多くいます。さらに自分の目標とする高校に合格するために、自分に最も合う学習塾を選ぶことから始めたほうがよいでしょう。

学習塾は大きく分けると、大手と地域密着、そして、集団指導するものと個別指導するタイプのものに分けられます。大手の進学塾は受験に特化したノウハウを蓄積しているので、とくに難関公立高校・私立高校の受験を目指している人に適しています。その中でも個別指導をうたっている塾は、ある特定の苦手科目を克服すれば難関高校を受験できるという人に向いているかもしれません。

対して、地域密着の学習塾は、とくに公立高校に強いタイプの塾ということができます。とくに個別指導を行う中小規模の学習塾は、地元の中学校の勉強のペースに合わせた学指導を展開しているので、基礎学力を上げて公立高校合格を目指すことができます。

 

横浜で公立高校の受験を考えている人は、神奈川県の受験の仕組みを理解して受験勉強を行う必要があります。個人勉強に加え、家庭教師や学習塾などの選択肢がありますが、受験ノウハウを持つ大手の進学塾や、地元の学校のペースに合わせて学べる地域密着の学習塾が効果を上げています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧