口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

受験対策としての学習塾のメリット

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/12/14

受験対策としての横浜で学習塾に入るメリットはまず、多くの同じ目標をもったライバルと共に勉強をできる点です。家庭教師などとは異なり、すぐ隣に同じように頑張っている仲間がいれば自分もまけていられないという気持ちも沸きます。それでも勉強は一対一で丁寧に行ってほしいと思っているのなら、個別授業がある場所がよいでしょう。

横浜で受験対策として学習塾に入るメリット

横浜で受験対策として学習塾に入るメリットは、生の情報が入ってくることです。個人経営の家庭教師などではなかなか難しい、学校ごとの傾向や変化にもついていくことが可能なので、その時々にあった対策をとることができます。これは子どもの学力を上げるための対策としてはもちろん、送り迎えなどでであった親同士のつながりを作ることもできるので、子ども一人に受験を背負わせないという意味でもおすすめできる方法となっています。

横浜には学習塾が多くありますので、できるだけ子どもにあった塾を探してあげることも大切です。塾にはさまざまな授業形式がありますのでその点も気を付けて見つけましょう。

塾は進学塾・総合塾・補習塾の大きく3つにわけることができ、それぞれメリット・デメリットが存在します。補習塾は主に学校のフォロー向けとなっているため、受験を目的に塾を探している場合には避けましょう。進学塾は受験対策を中心に、総合塾は学校と受験の両方をフォローするタイプとなっています。

規模と授業形式を比較して検討することが大切

学習塾に入ると決めたのなら、規模と授業形式を比較して検討することでよりメリットを高めることができます。大手塾は有名校に多くの合格者を出すノウハウがあり、指導力の高い講師が多く、受験情報が豊富で習熟度別にクラス編成を変えているという特徴があります。比較的交通の便がよい場所にあり、生徒も多くいるため切磋琢磨し合える友人がいたほうが勉強に力が入るタイプにはとくにおすすめです。上のクラスによい先生が固まる傾向があるので、その点には注意しましょう。

中小塾は地元の学校への対策に力を入れていて、学校の定期テストの対策が充実しているという特徴があります。比較的小規模で一クラスあたりの人数も少ないので、講師と生徒のコミュニケーションが活発で一人ひとりのケアが充実しているという特徴があります。合格実績は少ない場合や、進路指導の情報がないこともあるので注意が必要です。競争心が生まれにくい環境なので、マイペースに勉強をしたほうが伸びるタイプにおすすめです。

集団指導・個別指導それぞれのメリット・デメリット

学習塾には集団指導・個別指導の2種類に分けることができ、それぞれメリット・デメリットがあります。集団指導の場合は同じ教室で周囲の人々から刺激を受けながらお互いに競争心をもって成績を上げることができますが、過度な競争心が生まれてしまう事もあります。講師がしっかりと受験までのペース配分を考えてカリキュラムを編成しているので授業についていくことができれば、確実に受験に間に合わせることができます。

個別指導の最大のメリットは、その場ですぐに質問をできるので時間のロスが少なく、わからないことをそのままにせずにすむという魅力があります。そのため質問をするのが苦手な場合でも勉強に取り組みやすい環境の中です。自分のペースに合わせてカリキュラムが組めるので、習い事などとも両立しやすいというメリットがあります。自分のペースで勉強できる反面、のんびりとしてしまう事もあるので競争心が生まれにくい点を踏まえて利用しましょう。

 

学習塾は学塾・総合塾・補習塾の3つがあり、また集団指導・個別指導に分けることができます。それぞれメリットとデメリットがありますので個人の性格やペースにあった塾を探すことが一番です。学生塾に通えば、子どもはもちろん親側にも受験の情報が入りますので、家族で一緒に受験を行いたいという場合にもおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧