口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

勉強の合間に息抜き!効果的な息抜きの方法は?

公開日:2022/10/15  最終更新日:2022/09/27


勉強の生産性を上げるには、息抜きが必要不可欠です。しかし、息抜きは大切だとわかっているけれど、息抜きが必要な理由や取り入れ方がわからない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、息抜きの必要性や、勉強の合間に効果的な息抜き方法を紹介します。ぜひこの記事を参考に、自分に合った息抜き方法を見つけてみてください。

効率アップのために息抜きは必要!

子どもの集中力の継続時間は約15分程度といわれています。成長するにつれて集中力の持続時間は延びて行きますが、何時間も続けて勉強することは難しいでしょう。

そのため、小・中学生の場合は15分~45分、高校生の場合は30分~45分、大学生の場合は60分~90分の休憩時間を確保するべきだといわれています。集中力を高め効率よく勉強をするためには、脳をしっかり休ませて息抜きをすることが重要です。

息抜きが必要な理由

息抜きはなぜ必要なのでしょうか?なぜなら、長時間の勉強は自然と心と体に負荷がかかっている状態だからです。目で文字を追っていると眼精疲労を引き起こすうえに、座っている姿勢が続けば腰痛や肩こりの原因になりかねません。

痛みがない場合も身体的に負荷がかかっているので、体の緊張や凝りをほぐしてリラックスすることが大切です。また、受験勉強やテスト対策などの勉強であれば、結果に対してプレッシャーを抱えることが多く、ストレスを感じやすくなります。こまめに息抜きをすることで、心身の疲労を充分に休ませることが大切です。

勉強の合間に短時間でできるリフレッシュ法

さまざまな息抜きの方法がありますが、勉強の合間に効率よく息抜きをするためにはどうすればよいのでしょうか?ここでは、短時間でできるおすすめのリフレッシュ方法を3つ紹介します。

軽い運動をする

肩甲骨や背筋を伸ばすストレッチをしてみましょう。同じ姿勢が続くと、肩こりや頭痛を引き起こす可能性があります。ゆっくり呼吸をしながらストレッチをすることで、心を落ち着かせながら体をほぐすことができるでしょう。また、自宅や学習塾などで勉強している場合は、外に出て15分程度の散歩をしてみてください。外の景色や自然を眺めながら歩くことで、目の疲労を回復させながら気分転換ができるでしょう。

仮眠をとる

15~20分程度の仮眠をとり、脳を休めることをおすすめします。仮眠は眠気を飛ばすだけでなく、脳内の情報を整理させる効果もあります。長時間の睡眠は眠気を増幅させるため逆効果ですが、30分以内であれば罪悪感なくリフレッシュできるうえ、集中力アップも期待できるでしょう。

好きな音楽を聴く

自分のお気に入りの音楽を聴いて気分転換をすることもおすすめです。音楽を聴いてモチベーションを上げるスポーツ選手も多いですよね。好きな音楽を聴くと自然とやる気が湧いてくるので、勉強へのマイナスな感情が解消されるかもしれません。また、クラシックや落ち着いた曲調の音楽は、脳の疲労や緊張を和らげる効果があるので、リフレッシュに最適でしょう。

意識的に長いスパンで息抜きをするのも大切

家族や友人とコミュニケーションをとることは、長期的に行う息抜きとして効果的です。勉強をしていると、周りの人とのつながりが減り、勉強の悩みやストレスを自分一人で抱えてしまいがちです。

また、受験勉強やテスト対策の勉強であれば、勉強は長期戦になります。勉強期間中は、普段から意識的に家族や友人と楽しく会話をしたり、勉強での悩みを周りに相談したりしましょう。話していて自分の心が安らぎ、前向きになれるような仲間や家族の存在は、勉強に励むうえで非常に大切です。

まとめ

今回は、勉強の合間に必要な息抜き方法をいくつか紹介しました。集中力を高めながら効率よく勉強するためには、積極的に息抜きを取り入れて脳をしっかり休ませることが重要です。息抜きの方法として、勉強の合間にできる簡単なリフレッシュ方法もあれば、周囲とコミュニケーションをとるなどの長いスパンで行う息抜き方法もあります。息抜きをする際は、オンとオフの切り替えを上手に行いながら勉強に取り組むとよいでしょう。ぜひこの記事を参考に、自分に合った息抜き方法を実践してみてくださいね。

小学校受験対策おすすめ塾バナー

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧