口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【小学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾の教材準備費用の相場は?

横浜は全国の中でも受験への関心が高い地域として知られており、中学受験や高校受験、そして大学受験を突破することを目指して学習塾に通学する子どもたちがとても多く見られます。

保護者側としては、子どもが一生懸命に学習に向き合うことは嬉しくもありますが、その一方でどの程度の教材準備費用がかかるのか、相場を知りたいとお考えではないでしょうか。

 

教材購入費用は学習塾がそれぞれ独自に設定している

公立の学校においては、学習に必要な教科書が無料で配布され、計算や漢字のドリルや問題集などは教材費として徴収されて、その中から購入するというケースが多いものです。

それでも、年間で必要な金額としてはそれほど負担感が高くならないように配慮されています。

一方で、学習塾で使用する教材は基本的にそれぞれの学習塾がオリジナルで編集したテキスト問題集が用意され、入塾時にそれらを一括で購入するというスタイルが一般的です。

もちろん、学校から無料で配布される教科書と異なり、それなりの金額を支払って購入する教材ですから、問題の質は極めて良好であり、学力アップのために最適化されたカリキュラムに基づいて作成されているということが特徴です。

学習塾のテキスト類はそれぞれの志望校入試突破を目的としていますので、それを使用して授業を受け、きちんと問題をこなしていくことで確実な実力向上が期待できると言えます。

受験人口の極めて多い横浜には多くの学習塾がありますので、費用の面での違いで選ぶという方法もありますが、使用するテキストの質にも着目するのが良いでしょう。

 

学習塾で支払う教材費のおおよその相場は

学習塾によっては、教材費は1ヶ月の受講料(月謝)に含まれているという場合もあり、おおよその相場は通塾する子どもの年齢によって変わってきます。

小学生が中学入試突破を目指して入塾する場合であれば、1教科あたり1万円から1万5千円程度と考えて良いでしょう。

4教科を全て受講した場合には、1ヶ月あたり4万円から5万円の月謝となります。

また、受験直前で受講回数が増えるとやや高くなる傾向があります。

中学生が対象の高校入試対策、高校生が対象の大学入試対策では3教科で3万円前後が最も一般的な相場となり、この場合も受験シーズンを直前に控えた時期になるとやや増額となります。

教材費は別途徴収するというケースであれば月謝そのものは低くなりますが、平均して考えるとやはり1教科あたり1万円程度となることが見込まれます。

その他に模試を受験する場合の受験費など臨時的に発生する費用もありますので、ある程度余裕を持って予算を考えておくことをお勧めします。

高額であればあるほど学力向上が見込めるかといえば一概にはそうとも言えません。

お子さんに合った塾との出会いが最も重要ですので、事前のリサーチは必須です。

 

横浜の学習塾にはどのような傾向があるか

関東圏であり、子どもの進学について熱心な保護者の多い横浜ですので、さまざまなタイプの学習塾が展開されています。

一般的な教室形式の多人数一斉指導を実践している学習塾は、比較的予算を低く抑えながら通うことができるケースが多いものです。

子どもにとっても、一緒に通塾する仲間とともに楽しく授業を受けられるという学校的な側面もあり、馴染みやすいタイプとも言えます。

集中的に学力アップを希望する場合では、少人数指導方式個別指導方式の塾を選ぶというスタイルもあります。

自分のペースで実力に合わせて学びを高めることができ、静かな雰囲気で地道に実力を積み上げていきたいという子どもに合ったスタイルです。

講師が受け持つ子どもの人数が少ないほど月謝や教材費の相場が上がっていく傾向にありますが、子どもにより高い学力を獲得してほしいと願う保護者の方にお勧めです。

難関校の受験突破に特化したハイレベルな指導を行う学習塾も横浜には多くあります。

一流校への入学だけでなく、さらにその先を目指して学ぶ子どものために、そのような塾を選ぶ保護者の方も少なくありません。

少人数化、ハイレベル化するほど教材費の相場も上がる傾向にありますので、目的と学力アップのバランスを考えて学習塾を選びましょう。

サイト内検索
横浜学習塾ランキング!
第1位 国大Qゼミ
第2位 臨海セミナー
第3位 中萬学院
第5位 聡明舎
記事一覧