口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

横浜市の学習塾には発達障害の子どもも通える?

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/04/09


今では昔より発達障害を持っている子どもが多くなり、認知度も高くなりました。そんな中、もし自分の子どもが発達障害を持っているとわかったときに学習塾に通えるのかどうか気になる方もいるでしょう。そこで今回は発達障害でも学習塾に行けるのかどうか紹介していきます。

発達障害とは?

発達障害とは生まれつき、脳の発達に偏りがある障害です。発達障害は外見からは分かりづらく、単なるサボりなどと勘違いされていました。しかし、実際には症状や困りごとは人によって異なりたくさんの種類があります。

そのため昔は「自分勝手」「わがまま」「困った子」という子どもは発達障害と認識しておらず本人のせいと見なされていました。しかし、最近ではそのような特徴も研究により解明され発達障害とみなされています。その発達障害は大きく分けて3つに分かれています。その3つが自閉症スペクトラム障害、ADHD、学習障害です。ではこの3つを紹介していきます。

・自閉症スペクトラム障害

自閉症スペクトラム障害の主な特徴は2つあり、社会的コミュケーションや対人関係が苦手で人と関わるのが苦手です。もう一つは限定された行動や同じことしかできないという特徴があります。この発達障害を持つものは人との関わりに興味がなく、同じやり方、同じことにこだわります。 代わりに、新しいことや人と関わることが苦手です。

・ADHD

ADHDは、主に不注意、じっとしていられない、思いつくと行動してしまうのが特徴です。授業中にじっとするのが苦手で忘れ物が多いのも特徴です。そして、すぐに気が逸れてしまいます。この特徴が強く出ていると外からの刺激があるとすぐに気がそれます。一方で自分が集中している場面だと周りが見えなくなります。そのため、話しかけてきた周りの人からは無視されたと勘違いをされやすいです。

・学習障害

学習障害は、全体的な知能に遅れは無いものの話すこと、聞くこと、読むこと、書くことが苦手です。一般的に学習の遅れが1〜2年ほどあると言われています。学習障害は見極めるのが難しく、よく当人の能力不足と勘違いされることが多いです。 学習障害だと、ひらがなの音読みが遅く、読み間違えることが多いです。また、バランスのとれた文字を書くのが難しいといった特徴があります。加えて、計算をすることが難しいといった特徴も持っています。

発達障害は見極めるのが難しいので、気になる場合は相談や診断をすることをお勧めします。

横浜市には発達障害の生徒も通える学習塾がある

発達障害があると、学習塾に通うのが難しいのではないかと考える方も多いです。しかし実際のところ、発達障害でも通える学習塾は意外とあります。横浜市だけでも36校あり、家庭教師でも18校あります。発達障害の方には発達障害専用のコースがあり、同じ環境の子ども達が学ぶことができるので安心です。

学習塾にはそれぞれに特徴や強みがありますので、発達障害だから学習塾に通えないと思っているのなら一度調べることをおすすめします。そして、自分のお子様に一番合った学習塾を選びましょう。

どのようなコースが用意されている?

家庭教師の場合だと、発達障害専用のコースが用意されている場合が多いです。一方で学習塾の場合だと、特に生徒を分けずに勉強を教えてもらうコースと、発達障害に特化したコースがあります。どういうコースがあるかは家庭教師や学習塾の会社によって異なるため、事前にしっかりと調べることをおすすめします。家庭教師や学習塾の会社によっては、生徒と先生の相性などをきちんとチェックしているところもありますよ。

 

今の時代だと発達障害も一般的に認知されてきています。そのため、発達障害だとしても学習塾や家庭教師で学ぶことが当たり前になっています。事前にお子様に合った学習塾を選ぶことで、しっかりと教育を受けることが可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧