口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾と学校のテストに違いはある?

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/08/03

学校では授業もテストも一斉に行いますが、横浜の学習塾では個人のレベルに合わせて勉強やテストが行われます。学校と学習塾では生徒たちのテストへの関心が異なるのは、学習塾では生徒たちに自信を持って取り組むように指導しているからです。学習塾のテストでは、力を試す場として自信ややる気を持って取り組ませることが多くなっています。

学校は一斉授業を行うため、個人の面倒は見切れない

学校の授業はクラス数十人を相手に行うので、一人ひとりの面倒は見切れていないこともあります。授業での教えに飲み込が速い生徒は既に把握して知識の要領は得たのに、先生はクラス全体の面倒をみるために、授業を行う速度は真ん中レベルの学生に合わせます。そのため、授業の内容の飲み込が速い生徒には少し物足りなくなります。

一方、授業の内容の飲み込が遅い生徒は、授業の速度に追い付けなくなりやすくなります。同じ先生が同じ時間に知識を同じく教えても、生徒のレベルによって成績へ差が出てきます。学生が先生の授業についていくレベルは違っても、授業の進度は前に進むしかありません。

時間が余る生徒が出てくる一方、落ちこぼれてしまう生徒も出てくるのは当然です。一斉授業ですので、すべての生徒の面倒は見切れないのです。先生も自分の果たすべき授業の科目の内容も決められていますから、成績への差は埋められなくなってしまいます。

塾は個人の面倒を最優先にしています

では、塾の授業はどうなっているでしょうか。学校と学ぶ知識の内容はあまり変わりありませんが、先生の指導する方針が違います。まず生徒一人ひとりへとの関わりが違ってきます。

その生徒のレベルに合わせて、個別の勉強方法、目標への導き方、勉強への興味への誘い方などいろいろ個人に合わせて、どのようにすればこの生徒が勉強に熱心に取り組んでくれるか考えてくれています。また自ら学習する習慣をつけるように、生徒を導いていくのです。そして塾の先生はよく生徒を褒めます。生徒は褒められることによって、やる気が湧いてきます。

このように横浜の学習塾の先生は生徒と関わりを深めて行くうちに、信頼関係や絆も生まれ、生徒も勉強することに対してモチベーションが上がりやすいでしょう。塾で自ら学習する習慣も身に付き勉強への興味も湧いてきますので、この習慣や興味は人生に大変なよい影響を与えていきます。

塾と学校のテストは普段の教えから違いが生じる

一般的に学校のテストは、授業と同じく一斉に行います。勉強のできる学生は自信満々で楽に問題に取り組み、答えにも自信があり、テストに対して苦痛になりません。ですが、授業についていけない学生はテストになると、憂鬱な気分になりやすくなります。授業についていけなったので、テストに自信が持てないことになるためです。自信がなく自己否定感に陥る可能性もあります。

一方、塾でのテストは、ひとりひとりに合わせた指導でモチベーションが上がりやすいことなどの理由から「成績を収めたい」という気持ちが湧いてきます。そして横浜の学習塾のテストは個人のレベルに合わせた問題が出されますし、家でテストの問題を解答しても大丈夫です。

テストの目的は、きちんと学んだ知識を把握したかどうかを確認する作業ですので、時間やカンニングをしないという約束を守れば、問題ないのです。

 

横浜の学習塾で行われるテストの例を見るだけでも、個人のレベルに合わせて勉強した結果をテストの形にして、知識をしっかり身につけているのかどうか確認できます。また、生徒たちの様子からも、塾のテストに興味を持って取り組んでいることが分かります。生徒は自分のやってきたことを認め褒めてくれる先生に信頼を寄せて、頑張る気持ちが大きくなるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧