口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

横浜市の大手学習塾と個人塾の違い

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/04/09


一言で学習塾といっても様々な学習塾があります。大手学習塾と個人塾にわけることができますが、実際のところどちらの塾に通うほうがお子様のためになるのでしょうか。それぞれの塾がもつメリット・デメリットを考慮した上で今後通う学習塾を決定する必要があります。今回は横浜市の大手学習塾と個人塾の違いについて解説していきます。

大手学習塾のメリット・デメリット

大手のメリット

大手学習塾のメリットは「圧倒的情報量の多さ」です。毎年たくさんの受験生を指導していることで集まるデータや、過去の生徒達からの声などたくさん持っています。実際に過去に合格した子の傾向や、残念ながら不合格だった子の傾向などもそれらのたくさんのデータから確認して、生徒達には的確なアドバイスができるなどのメリットがあります。

また、大手学習塾では一般的にカリキュラムがあらかじめ作られています。みんな同じ内容を学習していくことで、切磋琢磨しながら他校の子たちと競い合える環境というのは大手学習塾ならではのメリットといえるのではないでしょうか。

デメリットもある

もちろん、大手学習塾のデメリットも存在します。あらかじめカリキュラムが決められていることが、なかなか授業についていけない子たちを苦しめることもあります。また、個人塾と比較して費用が高くなる傾向にあることも事実です。長期休業中の講習や定期的に行われる模試なども学年が上がるにつれて高額になることがあります。

さらに、大規模校舎となると1学年300人を超えることもあり、そこで起こる激しい競争などが子供たちに精神的な負担を与えてしまうこともあります。

個人塾のメリット・デメリット

個人塾のメリット

個人塾のメリットは「地域密着型」と「大手にはない柔軟性」す。個人塾の多くは周辺エリアに特化した受験データを持っていることが多く、限定的ではありますが特定の学校の受験データであれば大手以上に持っているということも期待できます。

また、多くの生徒が周辺地域に住んでいるため、学校行事等に考慮した授業日程を考えてくれることも多いといえます。また、カリキュラムが大手ほど厳しく定められているわけではないため、生徒の理解度に合わせながら柔軟に授業を進めていくことも可能な場合が多いといえます。

デメリットも考慮する

もちろん個人塾にもデメリットは存在します。地域密着型ゆえにエリア外の学校の情報は大手に比べ少ない傾向にあります。また、個人塾は大手塾と違い先生たちの異動などがないため、その塾の雰囲気が強く出てしまいます。その塾の雰囲気が自分に合えばメリットとなるかもしれませんが、その雰囲気はおそらく変わらないため合わなければ苦痛を感じることとなるでしょう。

さらに、個人塾は塾長の力量に大きく依存しますので、塾長が高齢となりリタイアと同時に閉塾するということも大いに考えられます。大手では別の先生が異動してくるなどするためそのような心配はほぼありません。

子どもに合った学習塾を選ぶには

以上のことから一概に大手塾と個人塾どちらが良いとは言えません。これは実際に通うことになってお子様自信が感じることとなるため、入塾前にしっかりと熟考することが大切です。

一般的に学習塾では説明会などを行っていますので、その際にお子様に合いそうな雰囲気の塾であるか、カリキュラムがどのようになっているか、どのような先生がいついるのか、実際の合格実績がどのようなものなのかなどを考慮して総合的に判断することが大切です。

 

今回は大手学習塾と個人塾の違いついて解説してきましたがいかがだったでしょうか。実際両者のメリットとデメリットを比較してお子様に最も合っているのがどこの塾なのか考える必要があります。あまり考えずに入塾し結局合わずに退塾し再び塾選びとなることが最もお子様がつらい思いをすることになるので、事前に確認事項を理解した上で入塾を検討してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧