口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾のカリキュラムの作り方とは

公開日:2021/04/01  最終更新日:2021/03/03


塾で学んで成績を向上させたい、または塾講師アルバイトをやりたいといった目的で、横浜の学習塾を探している人にとってカリキュラムは気になるところでしょう。カリキュラムとは、いわば授業の設計図のようなものです。ここではこの設計図を作る意味や考え方を説明しながら、実際にどのように作っていくのか、そして作るときの注意点をまとめました。

そもそもカリキュラムを作る意味とは

カリキュラムとは経緯やコースを意味する英語です。学校は学習指導要領が文部科学省により定められています。これに基づきながら教科書が選定され、教科書の指導書が作成されますが、次に登場するのがカリキュラムです。

具体的には授業が行われる現場の設計図のようなもので、「時間割」はもっとも代表的な例になります。1年を通して生徒にどのような授業を編成していくのか、ここで定められているわけです。

ただし、カリキュラムという言葉にはさらに広い範囲の業務を指していることもあります。学習塾の場合はカリキュラムの役割が増大し国の制約を受けないので、時間割から1コマの授業時間まで自由です。1コマ60分でもよいですし、90分でも構いません。

さらに、学習塾に通う生徒の目的もそれぞれ異なります。定期テストの得点アップが目標なのか、それとも難関学校に合格することが目的なのか、それぞれの目標は異なるからです。だからこそ、カリキュラムを通した授業計画は大切になります。

カリキュラムの作り方やスタイル

学習塾は多人数で受けるもの、少人数教育、個別指導などそれぞれの学習塾によって学ぶスタイルは異なりますが、カリキュラムには共通するところも多くあります。さらに、通学する生徒も学び方のスタイルはそれぞれです。部活をやっていてあまり時間が取れない生徒もいれば、難関学校を目指していて、たっぷりと授業を受けられるケースもあります。

こうしたさまざまな事情から、授業計画を立てるときは生徒や保護者の希望や事情をしっかりと聞き出してから計画を進めます。1コマの授業時間は何分がよくて、1年を通してどれくらいのコマ数が必要なのか、1週間の時間割をどうするのかはカリキュラムの重要な要素です。

学習塾によってはいくつかのコースを用意しておいて、そのなかから選ばせるものもあれば、完全にオーダーメイドするところもあります。担当教師の選定も重要で、生徒の指導方針にマッチする教師を選びたいところです。個別指導なら同性の先生がいい場合もあるでしょう。

授業の計画を立てるときの注意点

学習塾の経営がうまくいくためには、その土地の地域性や教育環境などを踏まえたうえでカリキュラムを作ることが大切です。横浜の場合は大都市ですから、さまざまな地域から多様なバックボーンを持った生徒が入ってきます。

さらに横浜には周辺に学習塾が多いことから競争が激しく、曖昧な授業時間では生徒からそっぽを向かれてしまうでしょう。その意味において目的がはっきりとしているかどうかは、カリキュラムを作る上で重要な要素です。授業計画は1人の教員が作る場合もありますが、その場合はどうしてもすべてのことに注意が向くわけではありません。

見落としがあれば、その後の授業計画に支障をきたす恐れがあるので、なるべく複数人の講師たちが授業の計画を立てる学習塾のほうが安心です。もちろん学習塾は成績を向上させる、志望校に合格させるという大目標があります。計画を立て、結果が伴わない場合はカリキュラムに問題がある可能性があるため、定期的に見直す必要もあるでしょう。

 

今まで授業や塾というと、教室に先生が1人いて生徒は大人数でやるものというものが標準でしたが、現在は生徒のニーズの多様化により、一人ひとりに授業計画を作ってあげるオーダーメイドのものを採用する学習塾も横浜で見られるようになってきました。その意味においてカリキュラムの重要性はますます高まっています。

小学校受験対策おすすめ塾バナー

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧