口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

コースが選べる学習塾は横浜にある?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/17

横浜で学習塾に通う場合には、それぞれコースが設けられているところもあります。ただ、初めて通う場合にはそのコースがどのような内容になっているかなかなかわからないものです。そこで、その内容をいくつか見ていきましょう。これにより、どこに通うか迷わなくて済むようになります。

一般的には苦手科目を克服するものが多い

横浜市内にある集団授業の学習塾では、基本的には苦手科目を克服するためのコースが用意されています。中学生の場合には苦手科目になりやすいのが数学と英語と言えるでしょう。何故かと言えば、数学も英語も積み重ねの科目だからです。例えば、英語ならば動詞の使い分けができない段階で1年生の2学期ぐらいから少しずつ成績が落ちてしまう可能性があります。数学の場合は、方程式ができなければそれ以降に学習する二次方程式や関数などもできなくなるでしょう。

そこで、多くの学習塾においては、数学と英語がそれぞれコースに組み込まれている例が少なくありません。この場合に知っておきたいのは、復習をするのかそれとも予習をしていくのかと言うことです。復習をする場合には、今までの学習内容をもう一度やり直すことが可能になるため、苦手科目を解消することが可能になるでしょう。大抵の場合、予習を兼ねながらも同時に復習をしていくのが基本になるでしょう。

このように考えると、現在の勉強しながら昔の勉強に戻っていくのが基本になります。特に、中学3年生の受験生の場合には、この仕組みを採用しているような塾も少なくないです。毎週1回の授業だけで予習と復習を同時におこなうのは難しいため、秋の1回から2回は予習をおこない、残りのもう1回は復習に当てるのが基本になります。そうすると、1週間に3回ほど通うことになり、月謝も20,000円以上になると考えていいです。

個別指導学習塾の場合にはある程度自由に設定できる

学習塾の中でも、個別指導の場合には集団授業とは少し異なる趣になります。個別指導の場合でも、マンツーマン指導の場合に関しては、特にカリキュラムが独自に設定されており、その生徒が苦手としている科目を徹底しておこなうことが多いです。

実際に、個別指導に通う生徒の多くは、今までの勉強でつまずいたところがあり、それをリカバリーするために通うとしている傾向があるわけです。このように考えると、宿側も、どちらかと言えば今まででやった内容のやり直しをメインに持ってくることが多いです。

ただそうは言っても、昔の学習ばかりしていては新しい学習をすることができなくなってしまいます。そのため、いくら個別指導塾といえども毎週1回しか通わずに新しい学習と昔の勉強の両方をおこなうことはまずできません。そこで、予習と復習を同時におこなう場合には、1週間に2回の授業を取ることが必要になります。そうすると、毎月かかる費用はマンツーマンの場合ならば50,000円位になるでしょう。

少人数制の場合はどのような仕組みになっているか

学習塾の個別指導の中でも、少人数制の場合には、マンツーマンとは若干違うスタイルを採用しています。少人数制といっても、半分一斉授業のような形でおこなうところは個別のカリキュラムが用意されていません。

一方で、先生が1人に対して生徒が3人から5人ぐらいでしかもバラバラの内容を学習する場合には、それぞれカリキュラムがバラバラです。つまり、その生徒に合わせたコースを作り出すことができるでしょう。ある生徒は予習をしており、その隣で別の生徒は復習をしていると言う光景を見ることが可能になります。

 

学習塾に通う場合、コースがあるか気になるところですが、集団授業の場合ならば復習コースが用意されていることがあります。この場合、週2回以上通うことが必要になるでしょう。

個別指導塾の場合には、マンツーマンならば完全に個別のカリキュラムが用意されています。この場合、予習と復習のコースに分かれているのが大きな特徴になります。

少人数制の場合に関しては、一斉に勉強をおこなう場合は1人ひとりのカリキュラムが用意されていませんが、バラバラにおこなう場合はその生徒に合わせたコースが出来上がっていると言って良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧