口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾で定期テスト対策

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/03/03


横浜で学習塾というと、中学や高校の受験対策を思い浮かべる人が少なくありません。しかし、受験だけでなく普段行われている学校の定期テストもしっかり勉強しなくてはいけません。学習塾で定期テストの対策も取れるようにするためには、いくつかポイントを抑えて通う必要があります。

目的がはっきりしている学習塾でも

学習塾の中には、有名な中学や高校を受験するために授業を売りにしているところも少なくありません。実際にそうしたところでは、普段から入試の試験を想定した問題を解いたり解説することに重点を置いた授業を行なっています。

そのため、中には定期テスト前になると学校の勉強ができないからといって塾を休んでしまう学生がいるほどです。しかし、実際には受験対策をしていたから定期テストの成績が悪くなるわけではありません。入試の試験を想定した授業の内容と基礎をしっかり理解していれば、どちらの問題も解けるようになるはずです。定期テスト前に休む学生ほど、学校の成績が良いとは限りません。

大切なのは、例え受験の応用問題を解いているときでも基礎的なことを疎かにしないことです。もし、不安があるときは塾で相談して基礎固めをしてもらってください。試験前に、学校の勉強に沿っておさらいをしてもらうと言うのも一つの手です。学習塾の講師は、どちらの対策にも対応可能と言うことを頭に入れて相談することが大切です。

学校によって進み方が違っている

横浜市内には、公立の小中学校だけでなく有名な大学や高校の附属になっている小中学校があります。気をつけたいのは、中学と高校が一緒になっている中高一貫校です。中高一貫校では、6年間の勉強を5年間で終えて最後の1年を受験専用にすることがあります。他にも、学校の特色に合わせて一般の公立とは違う進み方をするので注意が必要です。

横浜の学習塾には、当然ですがどちらの生徒も通っています。難易度以外は、実は勉強している内容は一緒というのがポイントです。学校より、塾の勉強の進みが遅いときは注意が必要です。

その場合は、クラスを変えたり先生に相談する必要があります。早く進んでいる分には、問題はほとんどないので安心して勉強してください。早すぎて内容を忘れてしまうと言うときは、定期的に復習をするようにします。どちらにせよ、内容を忘れてしまっては定期テストだけでなく受験の時に困ってしまいます。横浜エリアで学習塾に通うときは、進み具合に注意することが大切です。

学校の成績アップと志望校への合格

志望校に合格したいのはもちろんですが、普段の学校の成績も疎かにはできません。附属なら、進学する際に学内の成績が関係してきます。成績が良いほど、希望の学部やコースに進める確率も高くなるからです。逆に悪いときは、附属でも進学できなかったり希望のコースに入れないことがあります。

成績に不安を感じたら、学習塾で定期テストで良い点を取れるように勉強することが大切です。一般の中学などでも、受験の時に学校の成績が影響することがあります。最後の受験だけ点数が取れても、内申点で不合格になることも珍しくありません。

進学しても、基礎ができていないため授業についていけないこともあります。そうしたことで困らないためには、定期テストの勉強をしっかりしておくことが大切です。不安なら、学習塾で勉強の仕方を相談してみても良いです。定期テストの成績が上がれば、最終的に狙える高校や大学のレベルも上がってきます。気がついたら、難関大学が射程圏内に入っていることもあります。

 

学習塾では受験対策を中心にしているところもありますが、実際には定期テストの勉強も不可能ではありません。うまく利用して定期テストの成績をアップすれば、結果として受験も成功するといっても過言ではありません。定期テスト前だからといって休むのではなく、しっかり利用することが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧