口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾を決める際に確認すべきところとは?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/07/13

横浜の学習塾を選ぼうとしているときには、事前にいくつか確認をしておきたいところです。その学習塾のことを確認しておくことで、その塾に入るかどうかが決まると言って良いでしょう。では確認する場合、何をみておいたら良いのでしょうか。そのポイントを3つほど見ていきます。これを知ることで、満足感の高い授業を受けることが可能かどうかが決まります。

お金を確認することは大事になる

横浜の学習塾に通う場合には、まずお金がどれぐらいかかるかを確認しておきたいところです。お金は初期費用などを考えなければいけません。初期費用は、毎月支払うお金とは異なりますが最初に支払うお金で比較的大きなお金になる可能性も少なくありません。

具体的な内容としては、入会金と教材費そして初回の月謝などになります。特に入会金に関しては支払うところと支払わないところがありますので、選ぶ学習塾によって負担がまた変わってくる可能性があります。教材費は、オリジナルの教材を使っているところと、業者の教材を使っているところでは料金が異なる傾向があります。

業者の教材を使っている場合、原価は1冊あたり600円程度になりますので、購入する場合でも2000円から3000円になることが多いです。しかし、オリジナルの教材を使っている場合には5000円から10000円あるいはそれ以上になる可能性も否定できません。

どのような事業内容になっているか

学習塾は、どこに入会するかによって全く環境が変わってくる可能性があります。特に小さなところは、先生の雰囲気によって授業中の態度が変わってくる可能性があるでしょう。真面目な先生や空気を引き締めることが上手な先生の場合には、授業中静かで集中しやすい雰囲気が漂っています。

もちろん生徒によってその雰囲気に合っているかどうかは異なってきますが、少しでも良い環境で勉強したいならば集中できる環境を作っている先生を選ぶ必要があります。これに対して、生徒に舐められている先生は授業中うるさく生徒の話し声などで静寂性かき消されている可能性があります。

先生は注意しても舐められた状態になっているため、なかなか授業中に静かになることはありません。このように、先生によってその勉強の集中力や醸し出す空気が変わってくるところですので、事前に授業内容などを見学させてもらうのも1つの方法です。

振り替え授業をすることができるか

学習塾に入会する場合には、振り替え授業が予想以上に大事になることが多いです。振替事業とは、何らかの理由により学習塾に通うことができなかった場合、別の日にその授業を移動させることです。この振り替え授業は基本的に無料でおこなっているところが多くなります。

つまり、しっかりとした正当性の高い理由により通うことができない場合は、振替をしても問題ないと考えているところが多いわけです。特に個別指導塾の場合には、頻繁に振替授業がおこなわれるところもありますので、事前に確認をしておきたいところです。

ただいくら振り替え授業といっても、遊びや旅行等の場合には振替が効かない可能性もあります。あくまで体調不良の場合ややむを得ない場合などに振替ができるだけであり、どのような理由でも振り替えができると考えないほうがよさそうです。

 

横浜の学習塾を選ぶ場合には、いくつか見ておきたいポイントがあります。1つは初期費用になります。初期費用の中でも入会金と月謝に関しては学習塾によって随分と違いがある可能性が高いです。先生の授業中の態度や生徒との関係などもできれば確認をしておきたいところでしょう。

生徒と対等の立場なのかあるいは先生のほうが立場が上になっているのかによって、授業中の雰囲気がずいぶん異なります。それ以外では、振り替え授業をすることができるかどうかも大事になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧