口コミでも評判!横浜の学習塾をおすすめ人気ランキングで紹介!【中学校受験から大学受験対策にまで対応】

学習塾の定員ってどのくらい?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/13

横浜にはさまざまの学習塾がありますが、学習塾入塾する生徒が多い時期は定員オーバーにならないか気になる人もいるはずです。特に有名な学習塾の場合には、時として定員オーバーになってしまう可能性もあるでしょう。

そこで、学習塾の定員は一体どれぐらいになるかを知っておくと、安心することができるかもしれません。また、これを知ることでなるべく早く入会しようとして十分な準備ができる可能性もあります。

教室の大きさによって異なってくる

基本的にどの程度が定員になっているかは、教室の大きさによって異なってくるところです。例えば、フランチャイズの中でも集団授業をおこなっているようなところがあります。集団授業の場合には、教室が4つくらいある塾が多くなります。

その教室に入る人数としては、少なくて5人から6人で、多いときは15人ぐらいになるでしょう。そうだとすれば、1度に入ることができる人数は4つのクラスがあった場合でも60人程度になることが予想できます。それ以上入れてしまうと、休み時間や生徒の入れ替わりの時間帯には混乱が生じる恐れがあります。そのため、3桁の人数を1度に入れるようなところは滅多にありません。

集団授業である程度大きなところの人数を見ると、在籍人数は200人を超えているところが多いです。集団授業の場合は、生徒数が100名を超えてようやく黒字化するとされていますので、それぐらいの人数が必要になるでしょう。そのかわり、1人当たりの単価が安いことになっています。

少人数制の場合はどれぐらいになるか

学習塾の中でも、少人数制のところも少なくありません。少人数制とは、先生1人に対して生徒が5人ぐらいの学習塾になります。このような宿が認知度を高めているのは、やはりできるだけ個別対応をしてほしいと言う親がいるからでしょう。

学校のように、先生1人に対して生徒が30人前後いるとわからない学習内容が出てきたときそのまま置いてかれてしまう可能性があります。ですが、少人数制の場合には比較的先生が一人ひとりの生徒の面倒を見てくれるため、安心することができるでしょう。

このときの定員は、教室の大きさにもよりますが1度に20人から25人ぐらいで定員オーバーになります。それ以上入れてしまうと、教室がうるさくなることや人口密度が高くなりインフルエンザなどの心配も高まります。特に夕方の6時から8時の間は小学生と中学生が訪れる時間帯になるため、非常に忙しい時間帯です。

マンツーマン授業の場合はどのようになっているか

最近は、横浜でもマンツーマン授業を主におこなっているところがあります。マンツーマン授業の特徴は、先生が1人に対して生徒が1人の学習塾になります。

ただ最近は、少し拡大解釈しており、先生が1人に対して生徒が2人の場合もマンツーマンと呼ぶこともあります。このマンツーマンの仕組みを採用しているところは、教室自体があまり大きくないところが多いです。わかりやすく言えば、コンビニエンスストアの半分位の面積で経営しているところが多くなります。

先生も生徒の数だけいるわけですので、生徒の人数が多いと当然ながら先生の数も多くなる傾向があるでしょう。そのため、あまりたくさんの数の生徒をいちどに見ることができません。多いところで、生徒が15人ぐらいになります。それ以上空間に入れてしまうと、一人当たりのスペースが狭くなってしまう恐れがあります。

 

横浜の学習塾の定員は一体どれぐらいになるか問題になりますが、集団授業の場合には、1つの時間帯に50人ぐらい入る可能性があります。少人数制の授業の場合には、最大で25人ぐらいになることがあるでしょう。教室の大きさによって若干収容人数も異なるところです。

最近人気のマンツーマン授業の場合には、先生1人に対して生徒が1人しかいないかあるいは2人ぐらいになるのが基本ですので、そこまでたくさんの生徒をいちどに見ることができません。1つの時間帯で15人ぐらいが定員になるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧